水回りの撥水・防汚コーティング剤って何が良い?コスケが使ってるコスパに優れた製品

コーティング後の洗面ボール 掃除・メンテナンス

水が弾くほどピカピカの水回りだと気持ちが良いコスケです(´∀`=)

水回りは掃除してもすぐに汚れてしまうので、中々大変ではありますが、できるだけ綺麗に保っておきたいものです。

コスケは通常の掃除+月に1~2回ほど撥水防汚コーティング剤を使って水回りの掃除をしているのですが、今日はコスケが使っているコーティング剤を紹介したいと思います。

主に洗面化粧台(リュックスドレッサー)とキッチンの金属・メッキ部分などに使っています。

色々な方のブログで色々なコーティング剤が紹介されていますが、結構高価なものも多いですし、手間もかかるようでどうしたものかと悩んでいました。

色々検討した結果、札幌のホームセンターで買ったコーティング剤が中々便利でコスパにも優れていたので、今はそればかり使っています( ̄▽ ̄)

最高の性能の製品では無いかもしれませんが、手軽でコスパが良いという意味ではなかなか良いものかなと思います。

スポンサーリンク

撥水・防汚コーティング剤に求めること

コスケがコーティング剤を選ぶ際にいくつかこういうのがほしいなぁという条件のようなものがありました。

それの条件は以下のようなもの。

  • 値段が高くない
  • 手軽に施工できる
  • 出来るだけコーティングが長持ちするもの

主にこの3つの条件を満たしているものが良いなぁと思って探していました。
正直、コレが中々無いのですよね。

すごく良さそうなのは値段が高いとか、施工が面倒くさいとか。
安いものはあんまり長持ちしないとか・・・

でも、色々試してみて思ったのは、水の常にかかるような場所は良いお値段のものでもあんまり撥水効果は長持ちしないということ。

結構高価なコーティング剤、施工がめんどくさいものなどのお試し品なども買って試してみたんですが、せいぜい持って1週間、それ以上ずっと水を弾き続けるというようなのは今のところありませんでした。

なので、出来るだけ長持ちするのが良いけど、施工が簡単で頻繁にコーティングできる方が良いかなと今は思っていますので、そういったコーティング剤を探しました。

防汚コーティング剤の種類

いわゆる防汚コーティング剤は、コスケの知る限り大きく分けて2種類ありました。
一つはフッ素を主成分にしたものです。

撥水効果も高く持続性も比較的あるようですが、施工が面倒くさいです。

しっかり塗り込んだり乾かしたりしなきゃいけないものが多く、価格も高いものがほとんど。
5,000円前後するものも珍しくありません。

効果は高いのだと思いますが、高いし面倒なイメージ。
あと施工時非常に臭いです。

もうひとつはシリコンを主成分にしたものです。

施工が簡単で安価なのが特徴。
吹き付けて拭き取るだけという、と〜っても施工が簡単で、撥水、浸水効果もかなりあります。

そして価格も1,000円〜2,000円程度と安く臭いもしません。
ただし、効果が落ちやすいようです。

コスケが最初に使っていたコーティング剤

引っ越し当初、コーティングのことをすっかり忘れていて、どうしようかと悩みましたが、出費の多い時期ですし忙しいこともあってフッ素のコーティング剤を買うのは躊躇ってしまいました。

そこでとりあえず代用していたのが車用のコーティング剤です。
ホームセンターやカーショップで見たことがある人も多いと思いますが、このゼロウォーターを使ってみました。

ゼロウォーター

車用ですからガラスや樹脂、塗装されたボディ、メッキやゴムにも使えるはず。

もちろん住宅に使うのは自己責任ということになりますし、多少不安はありましたが、1年間わが家の水回りに使ってみても何の問題もありませんでした。

価格も1,000円ちょっとですし、撥水・親水効果も高く施工は吹き付けて拭き取るだけと簡単なのでしばらく使っていましたが、車用ですので室内で使うことに多少不安もありました。

なので、他に住宅用のものがあればそっちにしたいなぁと思っていて色々探していたところ、偶然訪問したホームセンターで良い物を見つけて今も愛用しています。

コスケが使っている友和の超撥水コーティング剤弾き!水回り用

そのコスケが使っている撥水・防汚コーティング剤ですがこれです。

友和の弾き!水回り用

友和という会社の弾き!水回り用というコーティング剤です。

コーティング剤には主にシリコンを主成分としたものとフッ素を主成分としたものがあると書きましたが、この製品はそのどちらも含んでいて両方の特徴を持っています。

水回りのコーティング成分や特徴

成分は荷電化処理水、変性シリコーン、フッ素樹脂、可溶化剤

中性で使える場所は水回り全般や窓ガラスに鏡、外壁もですね。
レンガやブロック、コンクリートなどにも使えるようで、なかなか用途の広いコーティング剤です。

使用法は綺麗にした後にスプレーを吹き付けて軽く擦って流すだけと、、シリコンコーティングとほぼ変わらない施工方法で簡単です。

コスケの場合、擦るというよりクロスでちょっと念入りに拭き上げる程度です。

また、裏の説明によれば1ヶ月程度は効果が持続するようで、比較的簡単な施工なので1ヶ月ごとに吹きつけて拭いてあげれば綺麗な状態を維持できそうです。

そして何より注目すべきは価格です。
ホームセンターで1,300円ほどでしたが、楽天やAmazonだともっと安く買えます。

created by Rinker
友和
¥675 (2018/08/14 13:45:08時点 Amazon調べ-詳細)

半額以下で買えますね( ̄▽ ̄;)
ホームセンターで無駄遣いしました。

さらに容量も520mlと多いので、たまに風呂場全体、毎週洗面ボール&月に1~2回リュックスドレッサー全体、月に1~2回キッチンのメッキ・金属部分をこれで磨いていますが、なかなか減らずこれ1本で2年くらいは使えそうです( ̄▽ ̄;)

もう1年使っていますが、半分も減ってませんからね。
いや〜、コスパはかなり良いと思います。

実際に使ってみる

では、早速これでコーティングしてみます。

綺麗にスポンジと洗剤で洗面化粧台のボール部分を洗います。
洗浄後、コーティング前はこんな状態。

コーティング前の洗面ボール

水を流すとある程度は流れていますが、ボール内にそれなりに残ります。
これでもそんなに汚くはありませんけどね。

これに先ほどのコーティング剤を吹き付けてタオルで軽く擦って水で流すとこうなりました。

コーティング後の洗面ボール

水はすごく弾きます(´∀`=)
水滴がほとんど残らないです。

触った感じもすべすべ通り越してスルスルです。
他にもキッチンの水栓などメッキや金属製品にも使って汚れづらいようにしています。

キッチンのメッキ部分のコーティング

水栓をコーティング

コーティング後はピカピカになりますし、水垢なども付きづらいので、後々掃除が楽になるというのもメリット(´∀`=)

月に1回はリュックスドレッサー全体をこれでコーティングしますが、その後はすべすべになって洗面ボールの周りも水を弾くようになります。

洗面化粧台全体をコーティング

施工も簡単で価格も安く容量も多いと、中々良い製品じゃないかと思います( ^ω^ )

ちなみに、吹き付けたコーティング剤を拭くのに使ったタオルは、直後に洗っても水を吸収せず弾きます。

コーティング剤のついたタオル

流水にさらしても全く水を吸収せず、激しく擦ってようやく濡れるという感じで中々不思議な感じです(⌒-⌒; )

コーティングの効果の持続期間とコーティングする理由

気になるコーティングの持続期間ですが、正直目に見えて撥水するのは1〜2日程度です。

これは比較的高いコーティング剤でも同じで、ある程度使っている水回りだと、そんなに撥水効果は長持ちしないのかなと思います。

あくまでコスケが使った範囲のお話ですが、洗剤で洗ってコーティング剤を使うだけだとやはり限界があります。

下地に傷や汚れが目に見えないレベルでもいっぱい付いてますからね。
新品時ならまだしも、ある程度使ったものは下地からしっかり磨きをかけて・・・ということならピカピカになり持続もするとは思います。

車のコーティング屋さんも、ピカピカに仕上げるには最初の下地作りが一番大事だといってましたが、水回りも同じでしょう。

いくらコーティングしても下地に目に見えないレベルでも傷や汚れが付いてたら、その上にコーティングするだけになるのでどうしたって効果は落ちますからね。

当然、普段の掃除で下地を磨き上げるなどはやってられませんから、これくらいの簡単な施工である程度コーティング効果があるものなら良いのかなと思います。

水を弾く効果よりも防汚効果がコスケは大事だと思っていて、蛇口などの金属・メッキ部分はもちろん洗面ボールなど水垢が付きやすい部分も、コーティングしておけばちょっと拭くだけで簡単に取れます。

キッチンの水栓やお風呂の鏡などは水垢が付きやすいです。
でもこれでコーティングしているおかげか、多少放置した水垢もわが家は拭けばすぐ取れて綺麗なもの。

水垢や汚れの抑制効果、そしてカビの予防にも効果があると書かれているので、コスケは撥水効果を期待するというより、普段の掃除を楽にする&カビ防止のために使うという感じです。

以上、コスケが使っている水回り用のコーティング剤の紹介でした。
価格も安く、効果もそこそこ、何より施工が楽です。

ちょっとニオイがきついのと、手に付くと手もすべすべになってしまうので、ビニール手袋やマスクはあった方が良いかと思いますが、施工時間は洗面ボールだけなら1~2分で終わるので楽です。

それとこれは水回り用ですが、キッチンやカップボードの表面のパネル部分に使ったりもしています。

浴室、浴槽、便器、外壁、鏡なんかに使えると書いてあるので大丈夫かなと。

手垢や水垢、埃も全然付かなくなりますし、掃除もめちゃくちゃ楽になりますが、水回りではないので自己責任の上でお使いください( ̄▽ ̄;)

以上、水回りなど広い用途で使える、価格も安く効果もそこそこの撥水防汚コーティング剤の紹介でした。

コメント

  1. とり より:

     
     
    こんにちは、とりです(・∀・)
    おぉ!これは良さそうですね!
    うちは6000円ほどするフッ素コーティング剤を使っていますが、確かに洗面ボウルのように頻繁に水を流すような場所では長持ちしませんねぇ。
    施工も、濡らしたスポンジにコーティング剤をつけて…という感じなので、スプレーを吹き付けるだけと比べるとやはり面倒です(´・ω・`)
    ステンレスシンクに使うと、なぜかクレンザーなどでも取れないような水垢がキレイになるので愛用してますが、洗面所のコーティングはこちらの方が安くて便利そうです(^o^)
    あと、パネル部分に埃がつかなくなるのはいいですね!
    臭いはやっぱりあるのですね。そこがネックですよね(^o^;
    長時間コーティング作業をしていると具合が悪くなってくるので、年に3回くらいしかやってません(・Θ・;)
    でも日ごろからコーティングしておくことで、さっと拭くだけでキレイになるなら、拭き掃除による細かい傷が減りそうですね☆
    最近洗面台の細かい傷が以前より気になってきまして…
    コスケさんおすすめのコーティングスプレー、試してみようかなぁと思います(^o^)

  2. コスケ より:

     
     
    とりさん、コメントありがとうございます!
    > うちは6000円ほどするフッ素コーティング剤を使っていますが、確かに洗面ボウルのように頻繁に水を流すような場所では長持ちしませんねぇ。
    お高いの多いですよね〜
    やはり、とりさん宅のものも長持ちはしませんか。
    でも、撥水効果は無くなっても防汚効果があれば良いですよね!
    > 施工も、濡らしたスポンジにコーティング剤をつけて…という感じなので、スプレーを吹き付けるだけと比べるとやはり面倒です(´・ω・`)
    施工は楽な方が良いですよね(ノД`)
    > ステンレスシンクに使うと、なぜかクレンザーなどでも取れないような水垢がキレイになるので愛用してますが、洗面所のコーティングはこちらの方が安くて便利そうです(^o^)
    なんと、研磨剤が入ってるとか・・・?
    > 臭いはやっぱりあるのですね。そこがネックですよね(^o^;
    今のところコスケが使った範囲ではというお話になりますが、フッ素を含むものはニオイがきつく、シリコンだけのものは無臭でした。
    私も気分が悪くなるのでシリコンだけのものの方が好きかもです(⌒-⌒; )
    > 最近洗面台の細かい傷が以前より気になってきまして…
    細かい傷はどうしてもつきますよね・・・
    諦めてるっす(ノД`)