北ガスがオール電化向け新料金プランを発表!電力自由化の波がオール電化にも

北ガスのオール電化向け料金プラン 電気代光熱費・太陽光発電

地震関連の記事を書きたいものの途中で筆が止まっているコスケです( ;´Д`)

今回は、先日入ってきた新しいニュースの紹介です。
今まで、電力自由化から取り残されていた感のあったオール電化住宅ですが、ついに大手電力会社以外からオール電化向けのプランが発表されました。

北海道以外の地域ではすでにあるのかもしれませんが、多分北海道では初めて(ですよね?)

北ガスがオール電化向けのプランを発表したので、今回はどんな料金プランなのか紹介したいと思います。

スポンサーリンク

北ガスが発表したオール電化住宅向けの料金プラン

今まで北ガスはガスとのセットで契約する安価な電気プランを販売していました。

北ガスの電気販売数は順調に伸びていて、先日発電効率50%という、世界最高の効率をたたき出す、液化天然ガスを燃料とした新しい発電所の営業を始めました。

しかもこの火力発電所、わずか10分で最高出力まで上げられるらしいです。

発電効率が高く安価に電気を作れることと、電力事情に余裕ができたこともあって、オール電化住宅向けのプランを発表することになったようです。

どのようなプランかというと、料金単価はこんな感じのプランです。

北ガスのオール電化向け料金プラン
※ 北ガスのサイトからお借りしました

北電のeタイムシリーズは、夜、朝晩、昼と3段階の料金で、昼がちょっと高いのですが、これは2段階の料金プラン。

深夜は割と安め、昼間も普通くらいとなかなか使いやすそうです。

ちなみに、現在の北電のオール電化向け料金プランはこんな感じ。

北電のオール電化向けプラン
※ 北ガスのサイトからお借りしました

昼間に関しては断然北ガスのプランがお安いですね。
昼〜夕方に関しては、特に13時〜18時の安さは感動ものです。

ここで晩ご飯の準備したり、夏はエアコンをピークに使いたい時間帯なのでありがたいです。

ただ、その反面深夜料金は少しだけ高め。
これが影響するのは冬でしょうね。

冬は、深夜にエコキュートの沸き揚げと暖房の稼働があるので高くなりそうです。

とはいえ、これは暖房の動かし方を変えることである程度調整できそうで、この料金プラン試してみる価値があるかもしれないと思いましたが・・・

うちは、25%の冬期割引があるので、それがなくなると困るのでちょっと試せないかな( ;´Д`)

北ガスのプランは冬期割引なんかはなさそうですから、私が乗り換えると結構高くなってしまうかもしれませんし、昔のドリーム8なんかを使いこなしている人も高くなるかもしれません。

ただ、新しくオール電化にする人や、今のオール電化プランで契約している人、そして昼間に電気を沢山使う人なら一考の価値ありだとおもいます。

変更して高くなればまた北電に戻ってくればいいわけですからね。

ちなみに基本料は北電のように契約アンペアできまるのではなく、過去1年の使用量で最も沢山使った30分間の電気使用量で決まるようです。

北ガスのオール電化向け料金プランの基本料
※ 北ガスのサイトからお借りしました

基本料は1kWあたり300円のようなので、これは良いかもしれませんね。
少なくても、北電の場合は契約アンペアを超えるとブレーカーが落ちるので、必要なくても余裕を持って高い基本料を払う必要がありました。

10kVAだと3,175円ですし、これだと大体10kWを越えるとブレーカーが落ちるようなので、元々それを越えるような電気の使い方はしていません。

なので、乗り換えても基本料はさほど変わらないか安くなると思います。
ただ、冬期割引がないのだけがネックですね。

でもこれ、夏は確実に安くなるなぁ。

ちなみに北電の試算によると、従来のプランからならモデルケースでは年間13,000円お得になるそうです。

北ガス試算

電気代年間36万ってスゴですね・・・
ちょっと古くて、断熱や気密性の低めの家の場合はこのくらいになるのかもしれません。

そういう場合には良いのかもですね。

この料金プランを採用するなら生活スタイルから見直したい

もしこの料金プランを採用するのなら、今の夜間に暖房もエコキュートの沸き揚げも行い、電気を一気に使い家を温めるという生活スタイルから見直したいところ。

最大使用電力を上げないためにも、エコキュートの沸き上げ時間をずらし、24時間ちょろちょろ、やや深夜よりにして電気を使っていく方法の方が良いかもしれません。

昼間も、割と遠慮なく電気を使えるのはメリット。
暖房も、ヒートポンプなら昼間暖かくなって効率がよくなることも考えれば、割と昼間も普通に動かして大丈夫かもしれません。

この辺りは実際に契約して、試してみなければなんとも言えません。

ただ、現在コスケの契約しているプランは、今はない非常に割引額の大きなプランなので、ここから変更はさすがに不利かなという感じです。

なので乗り換えはしません。

確実に冬期割引がきかない冬は高くなりますが、元々割引がなく夜にそんなに電気を使わない夏は間違いなく安くなると思ういます。

しっかり計算すると、夏安くなる分で冬の値上がり分を抑えられる可能性もありますが、一度こっちの乗り換えると、もう二度と今の北電のプランは契約できないので、さすがに冒険はできないです。

現行のプランに入っている人は試してみても良いかもしれません。

より競争が激しくなれば消費者に恩恵があるかも?

今回、北ガスがオール電化住宅向けのプランを発表したわけですが、今後他の小規模電力会社もこれに続いてくれれば色々選べるプランが増えて良い感じになりそうです。

何より、それに対抗すべく大手電力会社も、置いてけぼり感のあったオール電化のプランにテコ入れするかもしれません。

そうなれば、消費者としてはありがたい限りです。
今後の電気代、少しでも安くなればありがたいものです。

ちなみに今回のこのプラン、受付は2018年11月12日(月)からだそうです。
1ヶ月先ですね。

以上、新しく発表された北ガスのオール電化向け料金プランの紹介でした〜!

P.S.

北海道は本当に寒くなってきましたね。
そろそろ初雪の便りも届きそうですし、峠では積雪なんて話も出てきそうですね。

朝は5℃前後の日も多いので、暖房つけたいことも多くなりました。
そういう日は動く湯たんぽパンナを懐に入れておくと暖かいです(´∀`=)

お腹にいれたパンナ

犬の体温は人間より2〜3℃高いので、非常にポカポカ暖かいです。
今年の冬はこれで乗り切ることにします。

ただこれ、お湯を入れる必要がないので楽なんですが、私の意思とは関係無しに、勝手に出て行ってしまうんですよね・・・

コメント

  1. たびお より:

    こんにちわ~(=^・^=)

    北ガスからそんなプランでるんですねー。
    割引ないeタイム3の人ならいいと思いますね。(日中が安い。冬に発揮されますね。)

    ホットタイム組はむりですね・・・。(._.)
    年間36万・・・うち・・・ぶっちぎりで超えてますね。(滝汗)
    基本料だけで年間54000円・・・。(冬だけでストーブ分20万近く・・・。)
    これから燃料調整料があがっているので、ますます電気代もうなぎ上り・・・。
    でも今年は灯油組も100円代行きそうな勢いですよね。(滝汗)
    今年はまだこの時期は昨年より暖かいのでいいですが・・・。(._.)

    パンナちゃんのゆたんぽいいですね。(=^・^=)

    • コスケ より:

      そうなのです、ついにでたのです〜
      今までオール電化は置き去りだっただけに嬉しいですね。

      私もそうですが、ホットタイム組もダメですよね・・・
      基本料高いですね(汗

      私のプランでも基本料は年間5万円ほどです(ノД`)

      ほんと燃料調整費も馬鹿にならないのできついですね。
      灯油組もきついと思うので、今年はきつい冬になりそうです。