エコキュートの配管から水漏れ!室内タンク側の水漏れです

エコキュートの不具合が一番怖いコスケです(⌒-⌒; )

床暖房やエアコンの不調は布団に入ったり着る服調整して我慢すれば数日ならどうにかなりますが、エコキュートの不具合で水しか使えなくなるというのはキツいです。

先日、妻から「床が濡れてる!」と朝に報告を受け、確認してみると、どうもエコキュートの室内タンク側からの水漏れが発生しているようでした。

最初は大事かと思いましたが・・・
それほど大事ではなかったようで一安心。

今回は、その状況と修理対応について記事にしてみたいと思います(`・∀・´)

スポンサーリンク

エコキュート配管からの水漏れ

先日水漏れを見つけたのは、室内にあるタンクからでした。

北海道でも積雪や寒さ対策のためでしょう、エコキュートのタンクは室内にあるのが一般的です。

わが家も洗面所の隣にあります。

エコキュートの室内タンク

賃貸アパートや知人宅でもタンクは室内にあったので、これが普通だと思っていましたが、寒冷地以外だと室外に置くものだと知って驚きました( ̄▽ ̄;)

この下の部分のフローリングが水浸しになっていたのです。

水浸しになっていたエコキュートタンク下

水はさっさと拭き取ってしまったんですが、よく確認してもどこから漏れているかわからず、たまたま何かの拍子に漏れたのかなととりあえず様子見することに。

数日経って確認してみるとやっぱりこの配管の下が濡れています。

濡れている配管下の部分

今回は拭き取る前に良く確認してみたんですが、どうも下から漏れているというよりは、配管のボルトの部分から漏れているようです。

ボルト周辺部分から漏れているようすがわかります。

水漏れしている配管

ここから漏れたのが下に伝って落ちて、フローリングが濡れているという状況ですね。

ポタポタというほど沢山は漏れていないようで、見てわからない程度にじわじわにじみ出てきているという感じなのか、何かの拍子に出てくるのかわかりませんが、拭き取るとわからなくなります。

いつ漏れてるんだろうかと思いつつ、とりあえず土曜日の夜21時近くだったので、営業さんではなく一条工務店のサポート窓口に連絡。

いつでも連絡できるのは助かります。

すぐに手配してくれましたが、業者が日曜日はお休みということで月曜日に修理業者が来てくれました。

エコキュートの配管水漏れの修理

色々状況を伝えた後すぐに作業開始です。

水漏れ作業中のエコキュート

どうも、水漏れしている配管はエコキュートの室外機で沸かしたお湯が戻ってくる配管のようです。

なので、高い水圧で戻ってくる際にじわじわ漏れているかもしれないとのこと。
パッキンの交換をして様子を見てみることになりました。

まずはこの配管から水を抜かないとパッキンは交換できません。
室外機側から水を抜いてます。

エコキュート室外機の水抜き

水抜き作業が終わると配管を外してパッキンの交換。
左がサイズ違いの新品で、右がついてたパッキン。

エコキュートの配管パッキン

まだ3年目ですが、劣化してるように見えます。
触ってみるとかなり硬い樹脂製のようなパッキンでした。

このパッキン、本当はゴム製が一番漏れにくいそうですが、この部分は熱いお湯が通る場所なので、ゴム製だとすぐ劣化するようです。

これで交換作業は終了。
その後数日様子を見てみましたが、全く漏れる様子はありません。

漏れてない配管

やはり、この部分のパッキンの劣化、もしくはボルトの緩みなんかが原因で漏れていたようです。

これでとりあえずは解決ですね。
良かった良かった(´∀`=)

エコキュートの寿命について聞いてみた

住宅設備の修理業者さんが来ると毎回聞くことなんですが、エコキュートの寿命について聞いてみたのです。

今回修理に来たのは水道設備屋さんで、給湯器などの入れ換えもしているとのことでしたので、そのあたりの事情にも詳しいかなと。

色々話しを聞いてみると、従来の電気温水器は非常に高耐久で、持つものは20年以上使えるものもあるそうで、そうそう壊れないと思いますだそうです。

それこそ、ガスや灯油給湯器より寿命は長い傾向にあるようで、かなり耐久性は高そうです。
ただし、エコキュートは新しい製品なのでなんとも言えないとのことでした。

タンク部分は電気温水器の実績を考えるとそれなりに持つでしょうが、室外機がね・・・って言ってたので、やはり室外機が壊れるんでしょうね(ノД`)

今回のようにエコキュートからの配管はそれなりに圧もかかるし熱もあるので劣化が早いようですし、空気なんかが入って停止することもあるとか。

電気温水器や他の給湯器に比べるとトラブルは多いようです。
今回の業者さんは水道設備屋さん、室外機のトラブルは電気業者がやるそうなのでノータッチだそうですが、それを除いてもエコキュートはちょこちょこトラブルはあるようです。

室外機自体のトラブルも含めるとやっぱり厳しい寒冷地でのエコキュートは心配ですね。
大丈夫かなぁ・・・( ;´Д`)

以上、エコキュートの配管から水漏れしたというお話でした。

北海道はずいぶん暖かくなって、一気に雪解けも進んでいます。
わが家は屋根の雪の大半が溶け、すでに発電も再開されています。

春が待ち遠しいですね(`・∀・´)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする